医療放射線防護学

2020年08月25日

日本で初めて放射線治療物理学を系統的に網羅した待望の日本語教科書

医療放射線防護学表紙
編著遠藤真広 他
監修日本医学物理学会
  • B5判 本文270ページ(口絵18ページ)
  • ISBN978-4-902590-91-3

購入申込受付中

定価6650円+税(7315円)
会員割引価格会員割引20%
5320円+税(5852円)

※送料別(260円/冊)

  • 会員の方は会員番号を必ず明記してください。
  • Mail、FAXでご注文ください。送り先は注文書に明記してあります。

本書の内容

現代の医療において、放射線の利用はなくてはならないものになっています。計算機技術及びネットワーク技術の目覚ましい進展に伴い、放射線診療技術は非常に高度化・複雑化してきました。また、医療画像取得では、ほとんどがディジタル化され、高精度の診断及び治療が可能になっていきています。また、放射線治療では、患部への正確な照射をしつつ、他の正常組織には被ばくを抑えることのできる技術が実用化され、普及してきました。しかしながら、放射線診療における患者の医療被ばくは、我が国では全ての被ばくの中で、最大の被ばく源です。また、世界的に見ても、医療放射線の利用は拡大してきており、医療放射線の防護は、放射線防護上の重要課題の一つになっています。

医学物理学の分野でも、放射線防護は重要な柱の一つと言えます。国際原子力機関(IAEA)の国際基本安全基準(BSS)では、医学物理士の役割が多くの項目で明記されており、医療放射線防護における重要な職種として位置付けられています。
本書は、放射線防護の一般的な事柄から、医療放射線防護の実践的項目に至る内容を、詳しく紹介しています。

目次

  • 第1章 
    放射線防護の歴史
  • 第2章 
    防護関連組織・機関
  • 第3章 
    放射線の線源と利用
  • 第4章 
    放射線の生物影響・リスク
  • 第5章 
    放射線防護体系
  • 第6章 
    放射線防護・管理実務
  • 第7章 
    医療放射線防護・管理
  • 第8章 
    医療被ばく防護の現状と今後
  • 第9章 
    非電離放射線の防護
  • 付録 
    DRLs2020 について
Top of Page
会員ログイン
お問合せ
Twitter