本文へスキップ

Japan Society of Medical Physics

小児の防護

小児の放射線影響

 一般的に被ばく時年齢が低いほど放射線リスクが高いことが原爆被爆者の寿命調査(LSS: Life Span Study)により明らかになっています。 (https://www.rerf.or.jp/library/archives/lsstitle.html)下表に示すように、被爆時年齢が10歳若くなると全固形がん死亡リスクが約29%増加することがわかります。

表:主ながんに対する過剰相対リスク(ERR: Excess Relative Risk, 放射線被ばくに関連した健康影響の発生率が自然発生率に比べどのくらい過剰にあるかを示す量。1の場合、自然発生率の2倍になることを意味する。)
( K. Ozasa et al, iation Research, 177(3), 229-243 (2012))
   性平均ERR/Gy
(95%信頼区間)
ERR女性/男性比
(95%信頼区間)
被ばく時年齢10歳増加当たりのERRの変化
(95%信頼区間) 
 全固形がん  0.42  (0.32, 0.53)  2.1  (1.4, 3.1)   -29%  (-41%, -17%)
 食道  0.6  (NA, 1.64)  4.3  (0.54, >100)   35%  (-28%, 184%)
 胃  0.33  (0.17, 0.52)  3.7  (1.3, >100)  -18%  (-47%, 20%)
 結腸  0.34  (0.05, 0.74)  1.4  (0.39, 6.6)  -3%  (-51%, 63%)
 肝臓  0.38  (0.11, 0.62)  1.6  (0.43, 7.9)  -8%  (-62%, 42%)
 胆嚢  0.48  (0.12, 10.2)  0.42  (<0.001, 2.4)  -27%  (-76%, 40%)
 胚  0.75  (0.51, 1.03)  2.7  (1.3, 6.8)  -7%  (-35%, 29%)
 乳房  0.9  (0.30, 1.78)  -  -  -45%  (-67%, -17%)
 膀胱  1.19  (0.27, 2.65)  1.7  (0.2, 9.0)  -2%  (-62%, 92%)
 子宮  0.2  (NA, 1.30)  -  -  -22%  (-96%, 218%)

下図は到達年齢(Attained age)と1Gy当たりの過剰相対リスク(ERR: Excess Relative Risk)の関係を被爆した年齢ごとに示しています。図からわかるように、被爆後の期間が同じでもERRは被爆した年齢が低いほうがERRが高いことがわかります 。


図:全固形がんに対する到達年齢とERRの関係
( K. Ozasa et al, iation Research, 177(3), 229-243 (2012))


1. 小児の放射線診療

2. 小児CTの被ばく線量