演題登録の流れ

演題登録と登録後の手続きについて

第119回日本医学物理学会学術大会
大会長 有村秀孝

第119回日本医学物理学会学術大会(JSMP 119)へ演題登録について御検討頂き、ありがとうございます。JSMPの素晴らしい研究が海外から来られた参加者にも分かり易く伝えるために、いれまで以上に英語発表を、強く推奨します。そのため、大変恐縮ですが学術大会賞は、英語の報文集を提出し、かつ英語で講演発表された演題のみが対象になります。何卒、ご理解・ご協力を頂戴出来たら、幸いに存じます。 演題登録から発表までの4つの手続きをお知らせします。

(1)
演題登録
(2)
書式テンプレートに従った報文集用論文登録
(3)
CyPos登録
(4)
発表スライド

上記の(1)から(4)までの手続きは、このサイトから行えます。なお各手続きの〆切りは以下のとおりです。

演題登録 報文集登録 CyPos登録 発表スライド
登録
発表当日
2019/9/18~
10/28
2019/12/6~
2020/1/9
2020/2/3~3/2
※海外の方は2020/2/3~2/21
2020/3/6~4/3 発表会場に直接おいでください。
注意
  • アブストラクト、一般講演スライド、CyPosは全て英語とします。
  • 報文集(プロシーディング)記載は日本語も認めますが、英語を強く推奨します。
  • 口演については、英語、または日本語のいずれで発表するかを演題登録時に選択して頂きます。英語口演のセッションは、座長による進行・質疑応答とも英語のみになります
  • 学術大会賞は、英語の報文集を提出し、かつ英語で講演発表された演題のみが対象になります。
  • 報文集用論文の提出、CyPosの登録及び発表スライドの事前登録が期限内に行われない場合は、演題取消しとなりますので十分ご注意下さい。
  • 学会会場での発表スライドの差し替え、修正はできません。事前登録期間中に必ず発表スライドの確認を行って下さい。