Jsmp Medical Physics Summer Seminar 2007

 In Minoo-Oosaka

Friday, August 31(afternoon) through Sunday, September 2,2007(afternoon)

Registration fee:

\32,000 (member)

\25,000 (member student)

\35,000 (non-member)  stay and all in program included.

 

JRS; 医学物理士認定単位:10         

放射線治療品質管理機構認定単位:C2-1

 

 

 

 

 

 

 

Hotel: 562-0006 大阪府箕面市温泉町1番1号 

箕面観光ホテル   072-723-2324

http://minoo-onsen.co.jp/hotel-minoo/

Contact use-mail  jsmp07_summer@nirs.go.jp   http://www.jsmp.org/

日本医学物理学会事務局 千葉市稲毛区穴川4-9-1 

放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター物理工学部内

TEL: 043-206-3177, FAX 043-206-3246

Day 1: Friday August 31, 2007

1:15-1:30   Welcome and Course Overview         Shinichi Wada Ph.D.

1:30-3:00   Imaging Science 1-1 Ultrasound Imaging1 Hiroyuki Hachiya, PhD

3:14-4:45  Imaging Science 1-2 Ultrasound Imaging2 Hiroyuki Hachiya, PhD

5:00-6:30   Radiation Therapy 1-1 Radiation Therapy Machines

                                               Syunsuke Yonai, PhD

7:30-       Banquet

Day 2: Saturday September 1, 2007

5:30-6:30  run or walk - cascade Minoo-

7:00-830   breakfast

9:00-10:30  Radiation Therapy 1-2 Linear Accelerator  Syunsuke Yonai, PhD               

10:45-12:15 Imaging Science 2-1 Digital X-ray Imaing  Masao Matsumoto, PhD       

12:30-1:15  Lunch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    Day 2: Saturday September 1, 2007(cont.)

1:30-3:00  Imaging Science 2-2 mammography  Masao Matsumoto, PhD       

3:15-4:45  Radiation Therapy 2-1 Machine Acceptance Testing, commissioning

                                                 Yu Kumazaki PhD

6:30-7:30  Supper

8:00-10:00 Night Session  Informal Question and Answers

      Chaired by Hideyuki Mizuno,Ph.D & Masataka Komori, PhD  .

Day 3: Sunday September 2, 2007

7:00-8:30  Breakfast

9:00-10:30 Radiation Therapy 2-2 Radiation Therapy Devices QA/QC

Yu Kumazaki PhD 

10:45-12:15 Imaging Science 3-1 Image Quality Definition 1 Yoshie Kodera PhD

12:15-13:00  Lunch

13:15-14:45 Imaging Science 3-2 Image Quality Definition 2 Yoshie Kodera PhD   

Medical Physics Summer Seminar 2007 in MINOO Contents

 

  

831日(金)

pm.1:30-3:00, 3:15-4:45

画像科学1長音場画像診断システム

 蜂屋弘之(千葉大学)

超音波画像診断システム

1.音波の基礎

 (1) 波動方程式

  (2) 反射,屈折,回折,干渉

 (3) 音場の基礎

 (4) 指向特性

2.生体の音響特性

  (1) 音速

 (2) 吸収と減衰

 (3) 非線形伝搬

  (4) 病変と音響特性

3.超音波診断装置(パルスエコー法)

 (1) 超音波の発生

  プローブの構造

am:10:45-12:15

画像科学2 Digital X-ray Imaging

                    松本政雄(大阪大学)

画像科学2-1:ディジタルX線画像

1コンピュ−テッドラジオグラフィー(CR)技術

(1)概要

(2)原理

(3)画質特性

(4)その他のCR技術

2ディジタルラジオグラフィー(DR)技術

(1)直接型フラットパネルシステム

(2)間接型フラットパネルシステム

(3)蛍光CCDシステム

(4)スロットスキャンシステム

(5)今後の技術展開

 

9月1日(土)

pm:3:15-4:45

放射線治療2治療装置comissioning

        熊崎祐(埼玉医科大)

1. Acceptance Test

1.1 はじめに

1.2 High Energy Clinac & Trilogy

1.3 MLC

1.4 Portal Vision

1.5On Board Imaging

1.6 Cone Beam CT

2. Commisioning

2.1 Photon Beam Measurent

2.2 Electron Beam Measurement

3.3 Treatment planning System

 

 

 

  アレイプローブ

  周波数帯域と波形

 (2) 装置の構成

  パルスエコー法の原理

    表示モード (A, B, M モード)

  信号処理

 (3) アレイの音場

 (4) 分解能

 (5) アーチファクト

4.超音波診断装置(ドプラ法)

  (1) ドプラ効果

  (2) ドプラ信号検出

  (3) カラードプラ法 ( 速度モード,パワーモード)

 (4) ドプラ法とアーチファクト

5.音響的安全性

 (1) 音の強さ

 (2) 超音波の生体作用 (熱的作用 機械的作用)

 (3) 超音波治療

6.応用技術

 (1) 非線形応用

 (2) バブル応用

 (3) 三次元画像

  (4) 定量診断技術

pm:5:00-6:30

放射線治療1治療装置,リニアック

          米内俊祐(放医研)

Radiation Therapy Machines

1. Isotope units

2. Basics of accelerators

a. Electrostatic accelerator

 

3 ディジタル検出器の性能:性能と評価方法

 3−1.検出器の性能の定量化

(5)鮮鋭度

(6)ノイズ

(7)SN (SNR)

  3−2.検出器の性能の測定

(1)鮮鋭度の評価方法

(2)ノイズの評価方法

(3)SNRDQEの評価方法

(4)その他

4ディジタル検出器の性能:鮮鋭度とノイズに影響する要素

 4−1.DRシステムの鮮鋭度要素

(8)受光素子のぼけ

(9)結合素子のぼけ

(10)        収集素子のぼけ

 4−2.DRシステムのノイズとDQE要素

(1)受光素子のノイズ

(2)結合素子のノイズ

(3) 収集素子のノイズ

(3)DQE

 

Pm 1:30-3:00  画像科学22 mammography 

松本政雄(大阪大学)

1.マンモグラフィの物理

   (1) 概要

(2)  乳房用X線装置

(3)  X線スペクトル

 

92日(日)

am:9:00-10:30

放射線治療2 治療装置QA/QC

           熊崎祐(埼玉医科大)     

4.QA/QCとは

5. 吸収線量測定法

X線吸収線量測定

電子線吸収線量測定

固体ファントム

6. 不均質補正

CT-ED曲線

肺の不均質補正

am:10:4512:15

画像科学3 X線画像・画質評価(1)

         小寺吉衛(名古屋大学)

1:画像評価の考え方と基礎

1.1画像評価の目的

1.2画像の評価・解析とは

1.3画像の評価とシステムの評価

1.4画質と診断能

1.5画質の因子

 コントラスト,鮮鋭度,粒状度,SN比,感度

1.6画像の評価法

   視覚による評価,物理的評価

pm:13:1514:45

画像科学3 X線画像・画質評価(2)

        小寺吉衛(名古屋大学)

2:ディジタル画像の評価法

2-1画像のディジタル化

   標本化,量子化,標本化定理

2-2特性曲線―ディジタル特性曲線

2-3鮮鋭度 ―プリサンプリングMTF

        スリット法,エッジ法

2-4粒状度 ―ディジタルウィナースペクトル

        仮想スリット法,二次元FFT

2-5.SN比  ―DQENEQ

 

􀀹 Van de Graaff

􀀹 Cockroft-Walton

b. Cyclic accelerator

􀀹 Linear accelerator (LINAC)

􀀹 Circular accelerator

􀂾 Betatron

􀂾 Microtron

􀂾 Cyclotron

􀂾 Synchrotron

3. Neutron generator

 

91日(土)

am:9:00-10:30

放射線治療1:リニアック

米内俊祐(放医研)

Linear Accelerator

1. Basic design and components

2. Electron injection system

3. RF power generation system

4. Accelerating waveguide

5. Electron beam transport

6. Linac treatment head

7. Production of clinical photon beams

8. Production of clinical electron beams

9. Dose monitoring system

10. Beam collimation

11. Shielding considerations

(4)  圧迫と散乱X線のコントロール

(5)フィルムの現像処理と増感紙-フィルム系の受光特性

(6)被曝線量

2.ディジタルマンモグラフィの画像収集技術

(1)CRシステム

(2)直接型フラットパネルシステム

(3)間接型フラットパネルシステム

(4)蛍光CCDシステム

(5)スロットスキャンシステム

(6)今後の技術展開

3.マンモグラフィの画質評価

(1)特性曲線

(2)MTF

(3)ノイズパワースペクトル(ウィナ−スペクトル)

(4)NEQDQE

4.ディジタルマンモグラフィのための品質管理技術

(1)ディジタルマンモグラフィのための品質管理マニュアル

(2)ACR認定ファントムを使用するときの撮影条件

(3)ACR認定ファントムを使用するときの合格条件

 

 

3:ディジタル画像処理

3-1.画像処理の例

3-2.CAD

4:医用画像と医学物理

5:医用画像を取り巻く国際化の波