JSMP: 医学物理サマーセミナー2004.

3期コース(2004/2002 -2004

Saturday, August 21(afternoon) through Monday, August 23, 2004, (afternoon)  04.08.07 up date

JSMP教育委員会

Registration Fee

20,000円

 (参加費,宿泊,食事,懇親会費込み)

Hotel

 長野市飯綱高原247179

  いこいの村アゼィリア飯綱

  026-239-2552 ; http://www.kg.to/azeiria/

医学物理士業績評価点 10ポイント

Faculty

JSMP Education Committee

Shinichi Wada (Chair, Ph.D. Niigata University)

Yoshie Kodera, Ph.D. Nagoya University

Eriko Urakabe, Ph.D. NIRS

Hiroyuki Hachiya, Ph.D. Chiba University

Hideyuki Mizuno, Ph.D. Saitama Cancer Center

Masao Matsumoto, Ph.D. Oosaka University.

Day1:Saturday  August 21,2004 

1:15 – 1:30   Welcome and Course Overview 和田真一 Ph.D.

1:30 – 3:00   診断1:画像評価の考え方と基礎 小寺吉衛 Ph.D.

3:00 – 3:30   Break

3:30 – 5:00   診断2:ディジタル画像の評価  小寺吉衛 Ph.D.

5:00 – 5:30   Break

5:30 –7:00    治療1:光子線量計算      浦壁恵理子 Ph.D.

Day2 Sunday  August 22, 2004

6:00 –7:00    Jogging 

9:00 –10:30   治療2:電子線,粒子線線量計算 浦壁恵理子Ph.D.

10:30—10:45  Break

10:45—12:15  診断3:超音波診断システムT   蜂屋弘之 Ph.D.

Day2 Sunday August 22,2004 (cont.)

12:15 – 2:00   Lunch

2:00 – 3:30  診断4.超音波診断システムU 蜂屋弘之 Ph.D.

 3:30 –4:00   Break 

4:00 –5:30   治療3. IMRT T      水野秀之 Ph.D.

5:30 - 7:00   Break

7:00 --       懇親会

Day3 Monday  August 23, 2004

9:00 – 10:30  治療4.IMRT            水野秀之 Ph.D.

10:30–11:00  Break

11:00—12:30 診断5 mammography,    松本政雄 Ph.D.

12:30 –13:30  Lunch

13:30- 15:00  診断6 DR, DSA           松本政雄 Ph.D.

15:00 –15:30  Closing  

Medical Physics Summer Seminar 2004 in NAGANO

CONTENTS

診断1:画像評価

1:画像評価の考え方と基礎

1.1画像評価の目的

1.2画像の評価・解析とは

1.3画像の評価とシステムの評価

1.4画質と診断能

1.5画質の因子

 コントラスト,鮮鋭度,粒状度,SN比,感度

1.6画像の評価法

   視覚による評価,物理的評価

1.7医用画像を取り巻く国際化の波

2:ディジタル画像の評価法

2-1画像のディジタル化

   標本化,量子化,標本化定理

2-2特性曲線―ディジタル特性曲線

2-3鮮鋭度 ―プリサンプリングMTF

        スリット法,エッジ法

2-4粒状度 ―ディジタルウィナースペクトル

        仮想スリット法,二次元FFT

2-5.SN比  ―DQENEQ

治療1:治療線量計算

1.光子線

1-1光子線の線量付与の基礎

1-2 1次元計算と散乱補正

1-3次元計算アルゴリズム

2.電子線

2-1電子線の線量付与の基礎

2-2計算補正項〜斜め入射、不均一性など

2-3計算アルゴリズム

3.粒子線

3-1粒子線の線量付与の素過程

3-2計算アルゴリズム

3-3計算速度向上のための近似

3-4実例

診断2:超音波診断システム

1.超音波の性質

  反射,屈折,干渉,音場

2.生体の音響特性:基礎特性:病変と音響特性

3.超音波診断装置(パルスエコー法)

超音波の発生:プローブの構造:アレイプローブ

装置の構成:表示モード:分解能:アレイの音場

 アーチファクト

4.超音波診断装置(ドプラ法)

 ドプラ効果,ドプラ信号検出,カラードプラ法,

 ドプラ法とアーチファクト

5.音響的安全性

 超音波の生体作用, 超音波治療

6.最近の話題

 非線形応用

 バブル応用

 エラスティックイメージング,

治療2:IMRT

1.IMRT入門

概要 ,治療施設

2.IMRT−ワーキンググループ報告概説

2.1導入

2.2IMRTの歴史

2.3IMRT技術

TomotherapyDMLCSMLC その他

2.4コンピュータによる最適化 

目的関数,繰り返し演算による最適化,リーフ形状形成技術

2.5線量分布およびMU計算法

2.6アクセプタンステスト、コミッショニング、QA

2.7施設の設計および放射線防護

2.8標的体積と線量、およびその記載

2.9臨床例

3.ガイドラインについて

4埼玉県立がんセンターの現状

装置等 QAデータ

診断3:Mammography, Bone mineral, DRQA/QC

1.乳房用X線装置のQA,QC

2.骨塩定量システム

3.ディジタルX線撮影装置のQA,QC

 3-1増感紙-フィルム系(SF

 3-2Computed Radiography(CR)

 3-3Digital Radiography(DR,DSA)

 3-4フラットパネル検出器(FPD