Jsmp Medical Physics Summer Seminar 2006

 In Minoo-Oosaka

Friday, July 28(afternoon) through Sunday, July 30,2006(afternoon)

Registration fee:

\32,000 (member)

\25,000 (member student)

\35,000 (non-member)  stay and all in program included.

\15,000 (member) \20,000(non-member) lecture, 2days lunch, Banquet (Friday night) included

JRS; 医学物理士認定単位:10         

放射線治療品質管理機構認定単位:C2-1

 

 

 

 

 

 

 

Hotel: 562-0006 大阪府箕面市温泉町1番1号 

箕面観光ホテル   072-723-2324

http://minoo-onsen.co.jp/hotel-minoo/

Contact use-mail  jsmp06_summer@nirs.go.jp   http://www.jsmp.org/

日本医学物理学会事務局 千葉市稲毛区穴川4-9-1 

放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター物理工学部内

TEL: 043-206-3177, FAX 043-206-3246

Day 1: Friday July 28, 2006 (afternoon)

1:15-1:30   Welcome and Course Overview       Shinichi Wada Ph.D.

1:30-3:00   Radiation Therapy 3-1 CyberKnife    Hiroya Shiomi M.D. D.M.Sc.

3:14-4:45   Radiation Therapy 3-2 TomoTherapy  Shinichi Gotoh MA.

5:00-6:30   Radiation Dosimetry1               Tatsuaki Kanai Ph.D

7:30-9:30       Banquet

Day 2: Saturday July 29, 2006(morning)

5:30-6:30  run or work - cascade Minoo-

7:00-830   breakfast

9:00-10:30  Radiation Dosimetry2               Tatsuaki Kanai Ph.D

10:45-12:15 Diagnosis 1 (SPECT & PET 1)        Hideo Murayama Ph.D.

12:30-1:15  Lunch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Day 2: Saturday July 29, 2006(cont. afternoon)

1:30-3:00  Diagnosis 1 (SPECT & PET 2)         Hideo Murayama Ph.D

3:15-4:45  Diagnosis 1 (Computed Tomography 1)  Issei Mori  Ph.D

6:30-7:30  Supper

8:00-10:00 Night Session  Informal Question and Answers

      Chaired by Hideyuki Mizuno,Ph.D &  Shinichi Minohara Ph.D.

Day 3: Sunday July 30, 2006

7:00-8:30  Breakfast

9:00-10:30 Diagnosis 1 (Computed Tomography 2)   Issei Mori  Ph.D.

10:45-12:15 Radiation Therapy (Treatment Planning1) Sayaka Sato M.E.

12:15-13:00 Lunch

13:15-14:45 Radiation Therapy (Treatment Planning2)  Sayaka Sato M.E.

Medical Physics Summer Seminar 2006 in MINOO: Contents

【診断T】Computed Tomography

森 一生(東北大学医学部)      

1.原理概要: 

(1)  投影データ

(2)  (2)サイノグラム

(3)画像再構成

(4)X線減弱係数とCT値

2.現代型CT:

(1)Rotate/Rotate方式(第三世代)

(2)ヘリカルスキャン

(3)マルチスライスCT(MDCT

3.放射線検出器とフォトンノイズ 

(1)フォトンノイズ・

 (2)シンチレータとフォトダイオード

(3)半導体検出器?フォトンカウンティング?

4.画質性能;

(1) 空間分解能, (2)濃度分解能 , (3)時間分解能

5.アーチファクト;

(1)体動とオーバースキャン

(2)非線形アーチファクト, (3)コーン角

(4)風車(MDCTのヘリカルアーチファクト)

(5)金属ピン , (6)リングアーチファクト

6.歴史的進展と現在の動向;

(1)ハウンスフィールドのノーベル賞講演

(2)さらなる多列化?多線源方式?

(3)X線源の制限:デュアルエネルギー?未来型CT?

 

【診断U】SPECT & PET

村山 秀雄(放射線医学総合研究所)

1.ガンマーカメラの原理

 (1)検出器

 (2)エネルギー分解能

 (3)位置演算と解像度

2.コリメータ

 (1)種類

 (2)感度と解像度

3.SPECT

 (1)原理

 (2)散乱線補正法

 (3)吸収補正法

 (4)吸収ラドン変換

 (5)画像再構成と画像ノイズ

4.PET

 (1)原理と特長

 (2)解像度の物理的限界

 (3)PET用検出器

 (4)2次元データ収集と3次元データ収集

 (5)PET用画像再構成

 (6)ノイズ成分

【治療T】放射線測定

金井達明 (放射線医学総合研究所)

電離箱以外の線量計、中性子、μ―ドシメトリ

1.積分線量計

(1)  TLD 

(2)  XFilm 

(3)  (3)Fricke 線量計

(3)カロリメータ

2.Pulse 検出器

(1)GM

(2)比例計数管

(3)   シンチレータ

(4)半導体

3.中性子

(1)中性子の分類

(2)   中性子の相互作用

(3)   中性子源

(4)   中性子線質係数

(5)   吸収線量の計算

(6)   n+γの混合放射線場

.μ―Dosimetry

 

【治療U】 放射線治療計画

佐藤清香(CMS・ジャパン株式会社)

1、治療計画の概要

(1)  治療計画の流れ、

(2)治療計画装置

2、線量計算アルゴリズム

(1)  X線、

(2)電子線

3、治療計画に使用する基礎データ

(1)  ビームデータの種類、

(2)  データ取得方法、

(3)  登録方法、

(4)モデリング

4、患者データの取り扱い

(1)  CT画像撮影方法、

(2)輪郭取得、

(3)CT値と相対電子密度

5、補正の方法 

(1)  不均質補正、

(2)斜入射

6、線量分布の作成

(1)  等線量分布図の作成、

(2)分布評価方法(DVH

7MU計算と検証

(1)計画装置による計算と手計算、

(2)計算アルゴリズム、

(3)不整形照射野、実測検証、QA/QC

 

【治療V 高精度放射線治療】CyberKnife

塩見 浩也  (大阪大学)

1.     構成

(1)  ロボット 

(2)  (2)リニアック

(3)Target Locating System (TLS)

(4)治療計画装置(Treatment Planning System)

2.     治療計画

(1)  作成   

(2)  (2)評価

3.     精度

(1)  照射誤差測定方法 

(2)  (2)補正の考え方

4.     動体追尾照射

(1)  追尾の方法 

(2)  (2) 4次元治療における照射誤差

5.     今後の研究課題

 

【治療V 高精度放射線治療】TomoTherapy

後藤 紳一 (Hi-Art社)

1.強度変調放射線治療とは

(1) フォワードプランとインバースプラン

(2) 線量分布の違い、利点と問題点

2.TomoTherapyシステムの概要

 (1) システムの構成

() 照射方法

(3) MVCT

(4) ROIの設定

(5) 治療計画

(6) 線量計算

 (7)Daily QA

3.検証方法

 (1) 検証の必要性

 (2).フィルムドジメトリ

 (3) イレギュラーな条件下での01コミッショニング

 (4) ファントムを使用した検証例

 (5). DTA、ガンマによる評価

4.IGRTによる照射の再現性と精度

 (1) IGRTとは

 (2) MVCTを用いたレジストレーション

 (3) 前立腺がんでのIGRTの有用性

5.DVHの比較

 (1) DVHとは

(2) RTOGのよる頸部の例

6.遮蔽計算

 (1) 使用時間の設定

 (2) 遮蔽計算