本文へスキップ

Japan Society of Medical Physics

放射線測定

はじめに
 福島第一原子力発電所事故以降、これまで放射線物理に接することのなかった一般の方が、放射線検出器を用いて測定を行うことや自治体等から発表される線量等の測定結果を目にする機会が増えています。
 放射線検出器は、それぞれ特徴を持ち、目的によって測定 器を選ぶ必要があり、その取り扱いもそれぞれ異なります。また、それぞれの測定器が出力する値が何を意味しているかについて正しく理解することで、よりその測定値を正しく活用することができます。
 ここでは、現在、放射線・放射能測定に用いられている代表的な測定器が出力する値について定義を説明し、各検出器の原理と取扱いの注意点を説明します。また、測定結果の信頼性を高めるために考慮するべき一般的な注意点についても説明します。