日本医学物理学会学術大会

大会長挨拶

 この度、記念すべき第100回学術大会を来る平成22年9月23日(木)から25日(土)の3日間、学術総合センター(東京都千代田区)で「日本における医学物理学 -100回のあゆみ・そして新たな一歩 -」のテーマのもとに開催いたします。
 本学術大会では、会員皆様の研究成果の発表とともに国内外から招聘する研究者による教育講演、企画シンポジウムおよび特別講演など魅力あるプログラムが企画されています。
 また、本学術大会は、日本において医学物理学が芽生えて50年の節目にあたる記念大会であります。日本医学物理学会会員はもとより、多くの関係諸団体・諸機関および関係者の参加者が見込まれます。医学物理学の発展は、今後の放射線医療全般に大いなる貢献が見込まれると確信しております。
 ぜひ数多くの若い世代が参加され、積極的な研究発表と討論を展開されることを期待いたします。
 記念する第100回日本医学物理学会学術大会で皆様とお会いできることを楽しみにしております。

第100回日本医学物理学会学術大会
大会長 金井達明