教育委員会 2009年7月24日議事録

教育委員会議事録

日 時:
2009年7月24日(金)15時~19時半
場 所:
順天堂大学 10号館1階110号会議室
出席者:
和田、水野、松本、福田、加藤、小澤、西村、唐澤、西尾 (記録:水野)(敬称略,順不同)
  1. 医学物理サマーセミナー2009 準備状況報告
    ・2009年8月20日(木)‐22日(土)定山渓グランドホテル瑞苑(札幌)
    ・参加者:94名(受講者84, 講師6 ,staf:4) , 5/8受付開始; 6/9定員〆切。
  2. 医学物理講習会・放射線治療品質管理講習会準備状況報告
    ・ 2009年9月17日(木)9:00-16:10  国立京都国際会館
    世話人: 丸橋 晃 (京都大学原子炉実験所)
    ・ 品質管理講習会参加費は従来通りとする。
    ・ 事前受付業務を行わず、当日受付のみとするなどにより、事務委託費の削減を図る。
  3. 医学物理大学院教育分科会について
    ・ 分科会内規案が提示され、内容について審議した。一部を修正して原案を了承した。
    ・ 分科会委員について
    教育委員会委員から分科会担当委員を人選追加した。
    医学物理関連大学院コース担当者に対する、分科会協力者参加意向の問い合わせ結果が報告された。未回答の施設には、再度のメールを理事会後送付し、最終的に分科会内規により協力者を選任する。
    ・ 分科会の今後のスケジュール;秋の大会で会合をもつ。諮問事項答申(案)の理事会通過後関係者に配布し、秋の大会までに意見交換を行う。基本的に医学物理大学院教育に関連する情報共有化を図り、カリキュラム、単位数などについて検討する。
    ・ 2010年1月までに活動報告書を委員会に提出することを申し合わせた。
  4. 医学物理学、及び、その教育に関する会長諮問への答申については、暫定的答申案を20日理事会資料として提出した。答申については、委員会内で今後も検討を続けることを確認した。
  5. 医学物理レジデントプログラムに関するIAEAガイドラインについて、我が国の現状と今後について意見交換を行った。
  6. 唐澤委員が第9回AOCMPの医学物理教育シンポジウムにおいて、大学院医学物理コー
    ス第2次アンケート結果を中心に我が国の医学物理大学院教育の現状を報告する予定で
    ある旨が報告され、了承された。
    関連して、秋の学術大会で委員会報告展示を行う方向で、大会事務局と交渉する。
  7. 全国病院における医学物理士雇用・勤務状況の実態調査について
    西尾委員より、伊丹班で、全国の病院の医学物理士の充足状況と関連事項のアンケート調査が行われる予定でその動向について紹介された。医学物理大学院教育分科会として、出口情報は重要であるので、今後、分科会関連事項としてこの調査結果に関心をもって対応することした。
  8. 秋の大会での委員会・分科会開催について
    ・ スケジュール調整を水野が行う。分科会と教育委員会とは別に開催する。

以上