田中・河内の両名誉会員が50人のMedical Physicistに選ばれました。

IOMPは9月1-4日に英国のブライトンで設立50周年記念大会を開催しました。この大会に際して、IOMPは過去50年に医学物理学に顕著な功績を残した個人を50人選び、大会場にその功績を讃えるポスターを展示しました。この50人にノーベル医学・生理学賞を受賞したHounsfield(CT)、Lauterbur、Mansfield(いずれもMRI)など著名な研究者に並んで、当学会の田中栄一、河内清光両名誉会員が選ばれたことを大きな喜びをもってお知らせいたします。なお、田中名誉会員はPET装置など核医学機器の開発、河内名誉会員はHIMACの建設による重粒子線治療への功績を評価されたものです。

2013年9月
日本医学物理学会 会長 遠藤真広

  詳しくはこちら(田中会員河内会員