英語論文誌表彰 Most Citation Awardの新設について

会員各位

英語論文誌 編集委員長
土井 邦雄

 Radiological physics and technology(RPT誌)は今年で発刊10周年を迎え,インパクトファクター(IF)の取得に向けた取り組みを行っております.IFを取得するためには,直近の過去2年間にRPT誌に掲載された論文等が他の既にIFを取得している雑誌に数多く引用される必要があります.そこで,出版後2年間で他の雑誌に引用された数が顕著に多い論文の著者に対して,Most Citation Awardを新設して授与することとしました。平成28年度のMCA受賞者は下記の3名に決定しました。なお,JRC2017において英語論文誌表彰式を行います。

英語論文誌表彰(優秀論文賞)・受賞講演会
日時 4月16日(日) 12:00~12:50
場所 パシフィコ横浜 会議センター(414+415室)

平成28年度 Most Citation Award 表彰
RPT Vol. 7 No. 1:176-182, 2014
Monte Carlo calculation of patient organ doses from computed tomography
熊本大学大学院 大野 剛
RPT Vol. 7 No. 2: 358-366, 2014
Spatial resolution measurement for iterative reconstruction by use of image-averaging techniques in computed tomography
静岡がんセンター病院 瓜倉 厚志
RPT Vol. 7 No. 1: 158-166, 2014
Evaluation of the effectiveness of X-ray protective aprons in experimental and practical fields
北海道社会保険病院 森 泰成
平成28年度 土井賞(優秀論文賞) 表彰
1)診断物理分野
RPT Vol.9,No.1: 98-108
A computer simulation method for low-dose CT images by use of real high-dose images: a phantom study
熊本大学大学院(東京大学医学部附属病院) 竹永 智美
2)核医学MR分野
RPT Vol.9,No.1: 30-36
Automatic ROI construction for analyzing time-signal intensity curve in dynamic contrast-enhanced MR imaging of the breast
山口大学医学部附属病院 藤本 昂也
3)治療物理分野
RPT Vol.9,No.1: 44-52
Energy dependence measurement of small-type optically stimulated luminescence (OSL) dosimeter by means of characteristic X-rays induced with general diagnostic X-ray equipment
徳島大学大学院(山口大学医学部附属病院) 竹上 和希